無条件で注文住宅を選ぶ前にチェック!一般的な建売住宅にまつわるさまざまな情報を紹介!

無条件で注文住宅を建築する場合には、建売の場合には歳の使い方などを考慮しておかなければいけません。土地を手に入れる場合、条件付きのものもあります。例えば、この会社で住宅を建築してくださいといった条件が付いており、その会社でないと土地を売らないと言う話です。これは、裏にいろいろな事情がありますのであまり詮索しなくても良いですが、いずれにしても条件が付いているため他の所よりも少し金額が安くなるでしょう。

目次
  1. 無条件で注文住宅を選ぶ前にチェック!一般的な建売住宅にまつわるさまざまな情報を紹介!
    1. 建売住宅を低価格で販売できる理由
    2. 建売住宅の契約から引き渡しまでの期間
    3. 実際に見学して購入できる建売住宅は失敗しにくい
    4. 建売住宅は購入代金の支払いもシンプル
    5. 無個性になりがちな建売住宅のデザイン(2023/5/8)
    6. 普遍的なデザインや間取りの建売住宅は売却時に有利(2023/5/8)
    7. 郊外に立地した建売住宅のメリットとデメリット(2023/5/8)
    8. 市街地に建つ建売住宅のメリットとデメリット(2023/5/8)
    9. 減少傾向にある欠陥のある建売住宅(2023/5/8)
    10. 建売住宅の不具合が気になるなら購入前にホームインスペクション(2023/10/2)
    11. 建売住宅とメンテナンス費用の関係性(2023/10/2)
    12. 長く住み続けられる長寿命の建売住宅(2023/10/2)
    13. 木造軸組工法の建売住宅はリフォームもしやすい(2023/10/2)
    14. 施工会社とのやり取りを減らすなら注文住宅より建売住宅(2023/10/2)
    15. コスト削減のカギ建売住宅の魅力とは設計費の低減に隠された理由(2024/3/11)
    16. 建売住宅における資材や建材の低価格仕入れの秘密とその仕組みに迫る(2024/3/11)
    17. 建売住宅の工期が短縮される理由とは?竣工までの平均期間と工夫を紐解く(2024/3/11)
    18. 建売住宅の現場管理は効率的!それを可能にする理由や管理の内容とは?(2024/3/11)
    19. 建売住宅の売れ残り物件は本当にお得か?メリットからリスクまで徹底解説(2024/3/11)

無条件で注文住宅を選ぶ前にチェック!一般的な建売住宅にまつわるさまざまな情報を紹介!

建売り住宅を建築する場合、それが注文住宅ならばまず土地を購入することから始めなければいけません。
すでに所有しているならば問題ありませんが、新しいところに住む街にはやはり土地が必要になるわけです。
建売りを建築するにあたりその年に条件が付いている可能性が否定できません。
いわゆる条件付き土地と呼ばれるものが存在しており、他の土地を購入するよりも安いですが、一定の条件を満たさなければ購入できないと言うものです。

建売住宅を低価格で販売できる理由

建売住宅は、注文住宅に比べて低価格で購入できるのが魅力です。
建売住宅が低価格な理由としては、人件費が安いという点が挙げられます。
自分達でプランを決める必要がなく、プランが規定化されていることで話し合いがスムーズに終わり、その分人件費が安くなります。

現場・施工管理の人件費も安くなっていて、複雑な設計や施工が少ないことから、現場や施工管理の人員を減らすことができます。
住宅自体の作りがシンプルで、工期も短縮されています。

建築資材・設備を大量に仕入れることでコストを削減したり、展示場が必要ない、外装・内装のグレードが低くなっているというのも原価自体がやすくなり、住宅の価格が安くなっている理由です。

建売住宅は低コストで購入できるのがメリットとして大きいですが、安さには理由があります。
建物自体の品質が悪かったり、地盤に問題があるというケースもあるため問題がないかをチェックした上で購入することが大切です。

建売住宅の契約から引き渡しまでの期間

建売住宅は、着工前・建設途中・完成、この3つにタイミングで契約を行います。
着工前の場合は家が完成するまでイメージが分からないことや入居までの時間がかかるなどのデメリットがあるけれども、オプション工事などが利用できるのである程度のカスタマイズができるメリットを持ちます。
一方、建設途中や完成している場合はオプション工事の利用ができない、建設途中は完成した家のイメージが分かりにくいなどのデメリットもありますし、着工前と比べると短くなるけれども入居まで時間がかかります。
一般的に、不動産の引き渡し期間は売買契約後の2~3か月後、完成している建売住宅なら売買契約を締結してから3か月以内に入居になりますが、未完成や着工前の場合は引渡しまでに半年程度の期間が必要になることも少なくありません。
家が完成するまでには早くても2~3か月、完成してから検査を行い不具合個所の改善などを済ませて入居といった流れになるのが一般的です。

実際に見学して購入できる建売住宅は失敗しにくい

住宅購入で失敗する理由の一つは、購入前にイメージした生活とのギャップです。
購入前には便利だと思った動線も、いざ暮らしてみると動きにくくストレスがたまるといった不満はよくあります。
特に注文住宅では多い不満で、完成して暮らし始めてから後悔する人が後を絶ちません。
建売住宅は注文住宅と比較すると、失敗しにくい住宅といわれています。
なぜ建売住宅なら後悔しにくいのかというと、実物を見てから購入を決められるからです。
建売住宅は、基本的に建物が完成してから販売します。
そのため買主は購入する前に、建物を見学してから決められます。
住宅展示場やモデルハウスなどで見学可能ですが、実物とは違い完ぺきなイメージができません。
しかし購入したら実際に住む住まいを見学したら、生活動線のイメージもしやすく周辺環境も確認できます。
住宅購入を絶対に成功させたいなら、注文住宅よりも生活をイメージしやすい建売住宅を選ぶのがおすすめです。

建売住宅は購入代金の支払いもシンプル

建売住宅のメリットとなる点の一つに、注文住宅と比較して購入代金の支払いがシンプルであることが挙げられます。

住宅の購入資金の大半がローンで賄われるのは、建売であっても注文住宅であっても一緒ですが、払い込みの回数には大きな差があります。
注文住宅の場合は土地については売買契約時と引き渡し時の2回、建物については建築請負契約時・建設工事を着工したとき・上棟まで工事が完了したとき・竣工して引き渡しを受けるときの少なくとも4回は払い込みのタイミングがあり、支払う度に融資を実行して代金の決済を行います。
つなぎ融資が利用される場合は、建物完成までに必要なお金はつなぎ融資の方で賄い、最後につなぎの方の貸付金を完済して住宅ローンに一本化するという処理を金融機関側で行うため、仕組みは複雑です。

これに対して、建売住宅の代金支払いのタイミングは売買契約締結時と引き渡しのときの2度だけで、売買契約締結時には費用の一部を現金で払い込み、残りは引き渡しの手続きのときに融資を実行して全部支払う、シンプルな仕組みになります。

無個性になりがちな建売住宅のデザイン

無個性になりがちな住宅と言うものが存在しますが、例えば建売住宅などがこれに該当します。
注文住宅と言うのは一般的に個性的なものが多く、特にデザイナーズ住宅と呼ばれるものは注文住宅の中でも、非常に非現実的です。
建物の見た目も個性がありますが、建物の中に入っても今まででは味わったことがないような空間が広がっている可能性があるかもしれません。
一方で建売住宅の場合は、これがあまり関係ないといいます。
つまりデザイン性はそれほど重視されていないケースが多く、割と無個性になりがちといえます。
なぜこのような違いが生じるかと言えば、建て売りの段階では誰が購入するかわからないからです。
そうすると、あまりにも豊かな住宅にしてしまうとそこに住んでみたいと言う人がかなり減少するでしょう。
確かに、特徴的であればあるほど売れる可能性もありますが、欲しいと言う人がほとんど近くにいなければはっきり言って無駄になってしまいます。
それよりは、万人に受けるような建物が良いため没個性になりがちと言えるかもしれません。

普遍的なデザインや間取りの建売住宅は売却時に有利

住宅購入の際に妥協できないポイントとして、デザインや間取りを挙げる人は少なくないです。
家族構成に合っている間取りの家なら家族全員が快適に暮らせる空間になることが期待できます。
しかし、あまり独創的なデザインなどを住宅に求めることは長い目で見ると良いことでは無い場合もあります。
建売住宅は汎用性の高いデザインが採用されているので、間取りに拘り過ぎるといつまでも決まらず時間だけが過ぎていくことになります。
精神的にも肉体的にも疲弊する原因になりますし、疲れた状態では判断力も低下します。
更に購入した物件を何らかの事情で売却することになった際は、一般的でないデザインや間取りを採用した住宅は高く売れない傾向があります。
欲しい人が限られてしまうので、早く売りたいという状況になれば安くせざるを得ません。
売却のことまで含めて購入計画を立てるのであれば、奇抜なデザインや間取りの住宅よりも、普遍的なタイプの建売住宅を選択したほうが得になります。

郊外に立地した建売住宅のメリットとデメリット

郊外にある建売住宅のメリットは、広さです。
基本的に市街地と比較すると地価が安いため、建売住宅も低価格で販売されています。
同じ価格なら面積は広く、面積が同じなら安く買えるパターンがほとんどなので、予算が厳しい人にもおすすめです。
市街地と比較をしたら、落ち着いた生活ができるのもメリットです。
人通りや車通りは市街地ほど激しくはないので、小さな子どもがいても安心できます。
緑が多く公演の数も多くなっているので、子育てには最適な環境といえるでしょう。
郊外の建売住宅を購入するデメリットは、生活の利便性です。
最寄駅からは遠くバスなどの公共交通機関も充実していないため、基本的に車がないと生活は不便です。
30代や40代など中高年までなら不便を感じなくても、高齢になり車の運転が難しくなると暮らしにくくなるでしょう。
価格の安さや面積の広さ、落ち着いた環境など魅力的なポイントもありますが、デメリットも考えながら建売住宅は購入してください。

市街地に建つ建売住宅のメリットとデメリット

市街地にある建売住宅のメリットは、生活の利便性です。
通勤や子どもが通学で利用する駅まで近く、スーパーやコンビなどの店舗も徒歩圏内にある可能性が高いです。
徒歩や自転車で日常のお買い物ができるので、運転免許を取得していない人でも不便がありません。
病院や銀行、市役所などの生活に必要な施設からも近くにあるので、利便性だけを追求するならおすすめのエリアです。
しかし市街地に建つ建売住宅には、メリットだけではなくデメリットもあります。
街の中心部は郊外と比較すると、土地価格が高いです。
そのため建売住宅の敷地面積は狭く、広い庭がある可能性は低いでしょう。
庭が狭いだけではなく隣家との距離が非常に近く、窓から手を伸ばせば隣の家の壁を触れるほど近い場合もあります。
プライバシーが犠牲になっていたり、騒音などの被害が発生しやすいのもデメリットでしょう。
利便性のメリットと土地の狭さなどのデメリットを比較しながら、建売住宅は購入してください。

減少傾向にある欠陥のある建売住宅

建売住宅には、ネガティブなイメージを持つ人も少なくありません。
実際に過去にはトラブルが多く報告され、買ってはいけないといわれることもあります。
しかし近年はさまざまな要因から、欠陥のある建売住宅は減少傾向にあります。
現象している理由の一つは、不動産会社に義務付けられている10年保証です。
新築住宅を販売するときには、基本構造部分について引き渡しから10年間の保証が法律で義務付けられています。
もし引き渡し後に問題が発生したら修理などの対応をしなければいけないので、手抜き工事はほとんどなくなりました。
また低品質な建売住宅を販売したら悪い評判が一気に広まり、不動産会社の経営にもマイナスになり倒産の危機に瀕するでしょう。
このような理由から建売住宅の欠陥は、減少傾向にあります。
ですが減少傾向にあるといっても全く問題ないとは言えないので、買主は建物状況調査を購入前にして安全を確かめるのも大切なポイントです。

建売住宅の不具合が気になるなら購入前にホームインスペクション

建売住宅は、施工途中の様子を見学できません。
そのため内部の様子を買主はチェックできないため、欠陥住宅を買う羽目になる可能性があります。
引き渡し後に欠陥に気が付いたら、補修の対応を販売会社に求めなければいけません。
しかし一部の販売会社では責任逃れをして、補修に応じないケースもあります。
こうしたトラブルに巻き込まれないために、建売住宅を購入したら受けておきたいのがホームインスペクションです。
中古住宅で行われているホームインスペクションは、新築住宅でも可能です。
引き渡し前に専門知識がない買主が建物をチェックしても、不具合を見つけることができません。
ですが専門家に徹底的な検査をしてもらえば、不具合があるかどうかを購入前に確かめられます。
建売住宅は、一生で一番大きなお買い物と言っても過言ではありません。
これから家族が暮らしていく大切な場所なので、安心して暮らせる建売住宅を買うために実施を検討してみましょう。

建売住宅とメンテナンス費用の関係性

建売住宅で使われている建築資材は、共通規格の大量生産品です。
大量に生産された資材を一括で仕入れてから建てているので、安く販売しています。
共通規格の大量生産品を使うメリットが及ぼすのは、建築費だけではありません。
完成後のメンテナンス費用も、安くなるメリットがあります。
そのため建売住宅のランニングコストは、注文住宅よりも安いといわれています。
注文住宅では特別な資材を使っていたり、外観にこだわるため凹凸のデザインを採用していたりするのが高くなる理由です。
特別な資材を使うとそれだけでコストが上がりますし、凹凸のある建物は外壁塗装の費用が高騰します。
屋根の形状も複雑だと、塗装するときのメンテナンス費用が高額になります。
ですから建売住宅はランニングコストが安いため、経済的には優位です。
住宅を購入するときにランニングコストは忘れてしまいがちですが、膨大な金額になるので少しでも安い建売住宅を選ぶのがおすすめです。

長く住み続けられる長寿命の建売住宅

スタンダードな建売住宅は木造なので、購入後に永住し続けるのは多少難しい面があります。
しかし住宅の施工と販売をする会社も技術開発に取り組んでおり、次第に長寿命になりつつあります。
特に永住目的でマイホームを購入したい場合には、大手ハウスメーカーが施工した建売住宅が最適です。
ハウスメーカーのウェブサイトを訪問すると、各地で分譲されている物件について知ることができます。
ところが大手ハウスメーカー施工の物件は人気があり、すぐに完売することも珍しくないです。
メルマガで最新情報を提供してもらうと、長寿命の建売住宅も容易に購入できるようになります。
一方で家を購入した後は、維持管理をはじめとした様々な支出が必要になります。
そのために耐久性に優れた住宅は、本体価格が高くても長期的なコストが割安な点が魅力です。
耐用年数が長くてエネルギー効率が高い住宅は、マイホームの購入を検討している人々の間でも認知度が高まっています。

木造軸組工法の建売住宅はリフォームもしやすい

夢のマイホームは購入後のメンテナンスが、長く快適に暮らす為には重要なポイントです。
家は購入後毎日暮らしていく中で劣化が進むので適切なタイミングでリフォームを行い、原状回復を行う必要があります。
木造住宅の建売住宅を購入する場合構造は2種類あり、サイズの決められた木材で作ったパネルを組み立てていく建築手法の木造壁式工法いわゆるツーバイフォーと呼ばれる工法と日本古来の工法である柱と梁で補強しながら骨組みを築いていく建築手法の木造軸組工法の2つに分けられます。
日本の気候や風土に合わせた工法である木造軸組工法は、日本で最も多く見られる工法で建売住宅でも多く採用されています。
将来を考えた時に間取り変更や間仕切りに使用していた壁の撤去などに対応しやすく、リフォームしやすい点も人気を集めています。
木材軸組工法ではなく木造軸組工法となっているのは、木材を組み合わせて建物を支える構造となっているからで木材同士の組み合わせで耐久性を確保しています。

施工会社とのやり取りを減らすなら注文住宅より建売住宅

注文住宅は、施工会社とやり取りを繰り返しながら建てていきます。
資金計画から土地探し、土地が決まったら間取りの設計や外観のデザイン、住宅設備や建材まで施主は施工会社と話し合いながら決めなければいけません。
契約を結んだ後も家の中の細々とした部分まで話し合う必要があり、打ち合わせをするだけでも疲れてしまうでしょう。
面倒なやり取りは減らしてスピーディーにマイホームを手に入れたいなら、注文住宅よりも建売住宅がおすすめです。
建売住宅なら、施工会社や販売会社と細かな話し合いを繰り返す必要はありません。
すでに完成している、もしくは完成間近なため家づくりに関する部分には口を出すことはできないので、販売会社とは購入前や契約時など数回しかありません。
話し合いをするために施工会社のオフィスに行ったり自宅に営業マンが訪れることがないので、煩わしさは感じにくいでしょう。
面倒な手間を減らしたい人に、建売住宅は向いています。

コスト削減のカギ建売住宅の魅力とは設計費の低減に隠された理由

多くの家族にとって快適な住空間の確保は重要な目標であり、その中で建売住宅に注目が集まっています。
建売住宅は事前に開発者が複数の住宅を同時に建築することにより、大量生産のメリットを生かしコストパフォーマンスを高めています。
このシステムでは設計費が抑えられることが大きなポイントとなり、それにはいくつかの理由があります。
まず、建築される住宅が同一か類似の設計を使うため、建築プランの繰り返し使用により、設計段階でのコストを節約できます。
加えて、固有の設計が不要なので建築家やデザイナーに対する追加コストが発生しにくいのです。
更に、高い標準化が、建築資材の大量発注による削減にも寄与しており、結果として、手に入りやすい価格で質の高い住宅を提供できるようになります。
また、顧客は設計段階での詳細な選択肢やカスタマイズを必要とせず、建物完成後すぐに住み始めることが可能です。
これにより設計費用だけでなく時間の節約にもつながり、建売住宅が提供する利便性は多くの家族にとって魅力的な選択肢となっています。
結論として、建売住宅は設計費の節約により家計にやさしく、スピーディーかつ効率的な住宅供給方法として、現代の住宅市場における重要な位置を占めています。

建売住宅における資材や建材の低価格仕入れの秘密とその仕組みに迫る

日本の住宅市場において建売はそのシェアを広げ続けており、多くの人々が購入を検討する重要な選択肢となっています。
建売住宅では、同じ設計で複数の家を建てるため、効率的な資材の仕入れが可能です。
家を建てるために必要な木材や鉄骨、各種建材を大量に一括で購入することで、コストを大きく削減しています。
建売住宅の事業者は、通常、複数のプロジェクトを同時に行っており、大規模な仕入れが可能になるため、材料の単価を抑えることができます。
また、材料供給業者と長期的な関係を築くことで、安定して低価格での仕入れを実現することが可能です。
さらに、建売住宅事業者は建材メーカーや問屋との取引を通じて、最新の建材情報を手に入れたり、特殊な材料を適正価格で手配することも可能です。
こうした組織的な仕入れの体制は、経済的な建売住宅の提供だけでなく、品質の維持や向上にも大きな影響を与えています。
このように建売事業者による資材や建材の仕入れは、単にコスト削減という観点からだけでなく、事業の持続性と品質保持のためにも重要な役割を担っています。
顧客に質の高い住宅を提供する建売住宅。
その背後にある仕組みは、資材の安価な仕入れから始まっているのです。

建売住宅の工期が短縮される理由とは?竣工までの平均期間と工夫を紐解く

建売住宅の魅力は多くの方々に支持されており、その理由の一つに短い工期が挙げられます。
迅速な竣工は、購入者にとっても建築会社にとっても様々なメリットをもたらします。
では、建売住宅の工期はどのように短縮されているのでしょうか。
一般的な個別注文住宅の工期に対して、建売住宅は数ヶ月から半年程度と顕著に短いものが多く見受けられます。
この工期短縮には、建設現場における合理化や工程管理の徹底が不可欠です。
例として、建売住宅では既に設計されたモデルを基に建築されるため、設計段階での時間を大幅に削減できます。
また、同タイプの住宅を複数建築することにより、部材や工法の標準化が図られ、その結果、効率的な建築作業が可能となるのです。
そして、建設工程を細分化し、それぞれの専門業者が滞りなく作業を進めることで工程の重複や待ち時間を避けます。
さらに、予め建築する住宅の数が決まっているため材料の大量発注が可能となり、コスト削減だけでなく納期の短縮にも寄与しています。
建売住宅における工期短縮は、販売期間の短縮や売上の早期回収、購入者の早期入居など、多角的な利点を獲得する要因となっています。
このように、建売住宅の工期は多方面にわたる工夫と努力の結晶で成り立っていると言えるでしょう。

建売住宅の現場管理は効率的!それを可能にする理由や管理の内容とは?

建売住宅の魅力の一つは効率的な現場管理にあります。
多くの購入希望者が求める住まいを提供するためには、計画的でシステマティックな管理が不可欠です。
そのために導入されているのが標準化された設計です。
全ての建売住宅において基本的な設計を同じにすることで、材料の発注や作業手順を統一し、効率的な現場管理が行われます。
また、専門的な管理者が現場を統括しており、工程の進捗状況や品質のチェックを日々行うことで、問題が生じた際には迅速に対処しています。
これにより建物の品質を保ちつつ、工期の遅れを最小限に抑えることが可能になるのです。
次に、複数の職人たちが作業する現場ではコミュニケーションも重要です。
現場管理者は工事の段取りと合わせて、各職人との情報共有を密にすることで、作業の重複や無駄を排除します。
その結果、効率的で安全な作業環境が実現し、建売住宅の高い生産性に繋がっているのです。
建売住宅の現場管理が効率的であるのは、確固たるシステムに支えられ、多くのプロフェッショナルの手によって行われるからです。
こうした頼もしいバックグラウンドがあるからこそ、多くの人々にとって魅力的な住まいを提供し続けることができるのです。

建売住宅の売れ残り物件は本当にお得か?メリットからリスクまで徹底解説

建売住宅を検討する際、売れ残り物件がお買い得とされることは少なくありません。
しかし、価格が魅力的な売れ残り物件には、一定のリスクが伴う場合もあります。
まず、メリットとしては価格交渉の余地があります。
販売開始から時間が経過し、売主側も売却を急いでいるため、新築時よりも低価格で購入できる可能性が高まります。
次に、完成済みであるため、実際の物件を見ながら購入を検討できる点も大きな利点です。
内装や間取りなど、具体的なライフスタイルに合わせた選択が可能になるでしょう。
しかし、売れ残っている理由を把握することが不可欠です。
立地が不便である、日当たりが悪い、間取りに問題があるなど、様々な要因が潜むことがあります。
また、長期間売れ残っている物件は、メンテナンスが十分に行われていない可能性も考えられます。
それにより、住んだ後に修繕が必要になり、追加のコストが発生するかもしれません。
このように、建売の売れ残り物件はメリットとリスクを総合的に考え、自身のニーズと照らし合わせて判断することが肝心です。
慎重に物件を選ぶことで、安心して快適な住まいを手に入れることができるでしょう。